お医者さまに向けたビジネスローン

お医者さまのためのビジネスローンの活用法を説明します

医者のためのビジネスローンのメリット

ビジネスローンとは事業資金のための法人向け無担保ローンのことを指します。この場合個人事業主や法人経営者が利用するものですので、開業しているお医者様のための資金調達法のひとつとなります。銀行でも取り扱っていますが、事業者金融と呼ばれる業者が取り扱っていることが多いようです。ですので、銀行融資の審査がとおるまでに時間的な余裕がない方や、銀行融資では枠いっぱいに借りているという場合に、比較的短期間で保証人が無くても借りられる可能性があるという点でメリットといえます。病院の規模や入れる機械、さらに調剤薬局まで作ることを考えると、なかなか自己資金だけでは難しい点があり、このような制度は事業運営の助けになります。もっとも計画的に利用、返済の必要があるため熟考の必要があります。

医者のためのビジネスローンのデメリット

ビジネスローンのデメリットは、お医者様に対してであれ、金利が銀行で借りるよりも高くなるという点があげられます。ですから短期で借りるという形を取らなくては、利息に足を引っ張られる可能性がでてきます。また状況にもよりますが、借りられる額は多いとは言い切れない金額になります。また借りる会社によっても融資額が変わってきますので、比較の作業が必要になります。またATMで借りられるため、すぐに借りてしまうという誘惑にかられ、借りるたびに返済計画がずれていくという欠点もあります。また返済遅延があった場合、ローンの審査にマイナスの影響がでることもあるため、返済には注意が必要になってきます。借りやすいというメリットは、返済時に利益や計画において注意が必要となるため、安易に借りてしまわないように気を引き締める必要があります。

ビジネスローン以外にも医者のためにあるローン

ビジネスローンに関わらず、お医者様に対する融資は多く存在します。やはり通常の自営業に比べれば、社会性の高さの上に、一定数の売り上げがあり、かつ国からの補助など様々な面で一般の仕事とは異なります。商売の仕方の上手下手の差や、医者としての意識の差など、様々出てくることがありますが、いわゆる後押しをしてくれる存在もいてくれる時があります。また医師信用組合や国民生活金融公庫など特別な公的機関も存在します。この世界に無くてはならないお仕事のひとつであり、尊い職である医療は、経営だけに囚われずに、本職に励み、多くの方々を助けていただきたいと、切に願っております。その上で地域に根づき、地域医療の柱として存在し続けていただくためにも、無理のない返済計画をたてていただきたいです。