交通事故の弁護士相談料の相場について

交通事故の弁護士相談料は、現在は無料のところが多くなっています。以前は日弁連が料金を、30分ごとに5000円から25000円と定めていましたが、現在、料金は自由化され、各弁護士が独自に決めています。以前に日弁連によって決められていた金額を、そのまま採用しているところもありますが、多くの弁護士が、交通事故の相談料を無料としています。弁護士の数は今後も増えていきますから、交通事故の弁護士相談料は、無料が当たり前の時代になっていく可能性があります。
交通事故は交渉相手が任意保険会社であることが多いため、他の案件に比べて、賠償金が支払われやすい状況にあります。しかも、被害者には法外に低い示談金額を提示しているのが普通であるため、成功報酬も得られやすい分野となっています。

交通事故被害者は無料相談に駆け込む

交通事故の弁護士相談料は、無料のところが多いです。以前は日弁連が相談料を定めていましたが、現在は自由化され、各弁護士が自由に決めています。日弁連が決めていた、30分5000円から25000円という範囲をそのまま踏襲している弁護士もいますが、交通事故の被害者は無料相談のほうに駆け込む傾向があります。多くの弁護士が相談料を無料としている中で、1時間1万円以上の相談料がかかるほうに向かう被害者はほとんどいません。被害者は突然傷害され、日常を失い、それによって生じたさまざまな出費への対処に四苦八苦している最中です。事故以来、関係各所で冷遇されますから、弁護士に頼ろうという気になるだけでもたいへんなことです。何件かを当たって、信頼できる味方を見つけたいと考えるのは当然のことで、無料のところへ向かうのは必然とも言えます。

相談料無料としても割に合う案件

交通事故では、交渉相手は任意保険会社であることが多いです。任意保険会社は必ず示談に持ち込もうとしますし、示談成立後には必ず支払いをおこないます。被害者は、その中から弁護士費用を賄うことができます。しかも任意保険会社の当初の提示額は、不当に低いのが普通ですので、成功報酬はかなりなものとなります。交通事故の事案は、弁護士費用が確実に支払われること、成功報酬が高額になりやすいこと、この2つの点があるため、相談料を無料としても、割が合う案件と言えます。相談料で利益を確保する方針をとって、相談自体がなされないよりもいいと考える弁護士が多いのでしょう。また、交通事故被害者の置かれた状況がよくわかっているため、被害者に寄り添ったシステムにしているという面もあります。