交通事故の処理を弁護士に相談するメリット

運悪く交通事故の被害者となってしまった場合には、加害者に対して治療費や慰謝料などを中心とする損害賠償金の請求を行うことになります。その交渉は主に被害者と加害者が契約している保険会社の担当者との間で行われます。基本的には治療が完了(症状固定を含む)すると、保険会社が損害賠償金の算出を行い、被害者に対して提示してきます。しかしこの提示金額や相手側の主張の納得がいかない場合、保険会社に交渉を求めても被害者側は素人ということで相手にされないケースなど、なるべく支払う損害賠償金の額を減らすためにあらゆる手段を講じてきます。交渉に行き詰まってしまった場合には即座に交通事故専門の弁護士に依頼して処理してもらったほうが得策です。そのメリットとしては、素人ではわからないような専門的な分野についても対応してもらえる点と、弁護士基準の算出方法で損害賠償金を請求することから最終的な和解金が増額する点があります。

交通事故の処理を弁護士に相談したほうがよいケースとは

交通事故の被害者は、損害賠償金について加害者の代わりに加害者が契約している保険会社の担当者と交渉することになります。治療が終了すると、保険会社の担当者が損害賠償金の算出を行い、その金額を提示してくるのですが、その金額自体に不満がある場合や、後遺症があるのにも関わらず後遺障害を認めてもらえない場合。さらには過失割合の比率について納得がいかないようなケースがあります。これらの件について素人がいくら交渉をしようとしても、保険会社はなかなか相手にしてくれません。このような場合には弁護士に相談をしたほうが得策と言えるでしょう。弁護士は専門的な知識によって保険会社との交渉を行ってくれます。そして弁護士が相手であれば、さすがに保険会社も対応します。しっかりとした交渉と処理によって、後遺障害が認められたケースも数多く存在します。

弁護士に相談すると何よりも損害賠償金自体が増額される場合が

さて、交通事故の問題を弁護士に相談するメリットについては手続き的な面だけではありません。弁護士に相談することによって損害賠償金の額自体も増額するケースがあります。そもそも保険会社が交通事故の損害賠償金を算出する際には、最低限度の補償である自賠責保険の基準、あるいは自賠責保険基準に少し上乗せした程度の任意保険基準の算出方法を使用しています。これに対して弁護士はこれまでの裁判例などを基準としている『弁護士基準』の算出方法を使用しています。この弁護士基準の算出方法を採用しますと、保険会社が使用している計算方法と比べて2倍以上の金額が算出されるのです。このように、交通事故の処理を弁護士に相談する最大のメリットは、この損害賠償金の算出方法にあると言えます。